LIFE LOG(八ヶ岳南麓から風は吹く)

八ヶ岳南麓から風は吹く

大手ゼネコンの研究職を辞めてから23年、山梨県北杜市で農業を営む74歳の発信です/「本題:『持続可能な未来、こう築く』

5.1 私たち日本人一般に見られるこれまでの「ものの考え方」と「生き方」の特徴—————その1

今回は、拙著「持続可能な未来、こう築く」についての2020年8月3日掲載の目次の中の5.1節「私たち日本人一般に見られる特徴的ものの考え方と生き方」を公開しようと思います。

それは、ますます多くの難題が次々と目の前に迫ってくるであろうと予測されるこれからの時代とこれからの社会において、確信と誇りを持って生きて行けるようになるためには、私たち日本国民は、一人ひとり、一度はじっくりと考えておく必要があるのではないかと思い、私なりに整理したものです。

本節も、全体は長文なため、便宜上「その1」と「その2」に分けて公開します。

 

5.1 私たち日本人一般に見られるこれまでの「ものの考え方」と「生き方」の特徴——————その1

今日の私たち日本人一般に見られるものの考え方や生き方は、果してこのままで、今後も大丈夫なのだろうか。

ここに言う「大丈夫なのか」との意味は、第1章や第2章に述べて来た状況に対して問題に直面することはないのだろうか、ということを意味する。

そしてここで言う「日本人一般」とは、あくまでも日本国籍を有するという意味での日本人一般である。もちろんそこでは、物事がつねにそうであるように、例外に属する人々もいる、ということをも前提としている。

世界中のどこの国の人々にも、多かれ少なかれ、その国その地方独自の風土と歴史の中で育まれた固有のものの考え方とか生き方があるものである。
それこそが文化といわれるものであり、人々はその文化の中でアイデンティティを身につけてゆくのである。

それだけにその文化は、それぞれ質の違いはあれど、そして歴史の中で形成されて来たものであるだけに、どれが良くてどれが悪いとか言えるものではないし、また、一般に、相互に軽々に輸出できる質のものでもない。

当然この「文化と人々のものの考え方・生き方」との関係は、そのまま私たち日本人にも当てはまるはずである。

しかし、である。そのとき、私たち日本人の行動様式、とくにものの考え方と生き方については、他所の国の国民のそれらとは顕著に異なっているのではないか、と感じることが私には頻繁にあるのである。
それも、こんな時こそはと私には思える肝心な場面で見せるその姿においてである。

 

たとえば、こういう時である。

————今、この国を変えたい、変えなくてはと思っている人は非常に多くなっていると私は思う。それであれば、それを実現する最も確実で手っ取り早い方法は、国民生活の今と近未来を決定的に左右する政治状況を換えることだと私は思うのであるが、ところが、その政治を換える絶好の機会の一つであるはずの選挙となると、なぜか投票率は低いままだし、結局は現状の社会をもたらして来た現政権を勝たせてしまう、という行動様式についてである。

あるいは、「3.11」直後の東京電力福島第一原子力発電所炉心溶融に因る連続大爆発事故後によってあれだけの被害者を出し、世界をも震撼させたのにも拘らず、またその被害者の多くは今もなお自宅に戻れずに仮設住宅住まいを強いられ続けているというのに、この国の政府は、その事故の検証も公式にしないまま国内原発の再稼働を決めてしまった、という行動様式についてである。

あるいは、近いうちに首都圏を含んで、巨大地震が50%を超える確率で襲ってくるというのが専門家の見方だ。そしてそれが実際に起ったなら、最低でも何万人という規模の人が犠牲になるとも予想されている。ならば、東京やその周辺に敢えて移り住もうとするのは避けようとするのが普通の人間の心情なのではないかと私には思われるのであるが、実際には、東京一極集中にますます拍車がかかっているのだ。そんな行動様式についてもだ。

あるいは、今、地球規模で温暖化が進み、気候変動が進み、このままだと今世紀末には4度ないしはそれ以上高温化すると言われ、そのときには、人間はもはやこの地球上には住めなくなっているかも知れないとその方面の専門家も警告しているのに、国民も、政治家も、ほとんど無関心なままでいる、という行動様式に対してである。

とにかく日本人についてこういう事例を挙げたらきりがないのである。

世界において、日本人を知る上での最高の著書の一つと数えられるようになった「菊と刀」の著者ルース・ベネディクトも日本人についてこう言う。

その著書が書かれたのはおよそ70余年前の太平洋戦争中である。
書くきっかけとなったのはアメリカ政府からの依頼だ。アメリカ政府は、日本はこれまで国を挙げて戦ってきた敵の中で最も気心の知れない敵と思ったのである。そこで、対日戦を有利に運ぶために、敵である日本人の性状を知る必要を感じ、彼女に調査研究を委嘱した。それで出来上がったものがこの書なのだ。

彼女は、その著書の中で、日本人の行動の仕方について、矛盾の数々を明らかにしながらも、その不可解さに当惑さえしているのである。

日本人は最高度に、喧嘩好きであるとともにおとなしく、軍国主義的であるとともに耽美的であり、不遜であるとともに礼儀正しく、頑固であるとともに順応性に富み、従順であるとともにうるさく小突き回されることを憤り、忠実であるとともに不忠実であり、勇敢であるとともに臆病であり、保守的であるとともに新しいものを喜んで迎え入れる。彼らは自分の行動を他人がどう思うだろうか、ということを恐ろしく気にかけると同時に、他人に自分の言動が知られないときには罪の誘惑に負かされる。彼らの兵士は徹底的に訓練されるが、しかしまた反抗的である。そしてこれらはいずれも真実である。

 

”(「菊と刀講談社学術文庫 p.12)

 

実際、第二次大戦中、日本兵は、ルース・ベネディクトからでなくとも、欧米からも次のように見られていたのだ。

 “身の毛がよだつような相手でも、ヨーロッパでは敵は人間だった。しかし太平洋戦線では、日本人がまるでゴキブリかネズミのように見られていると判った”(従軍記者アーニー・パイル)

 “思慮分別のないジャップは、人間らしさを示すものは何一つない”(雑誌TIME)

アメリカ人は日本人を人間以下の害虫とみなしている”(ワシントンのイギリス大使館

日本人ほど忌み嫌われていた敵はいなかった”(歴史家アラン・メリンズ)

(以上、「BS世界のドキュメンタリー  オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史(第3回)」より)

 

そしてこれに近い見方は、あれから70年余を経た今もなお、形を変えて、今度は世界から見られているのだ。

たとえば、フリードマン・バートウは「嫌われる日本人」(NHK出版)という書を通じて、田麗玉は「悲しい日本人」(たま出版)を通じて、M.K.シャルマは「喪失の国、日本」(文芸春秋)を通じて。日本人である谷本真由美も「世界でバカにされる日本人」(ワニブックス新書)の中で。

実際のところ、江戸幕末から明治維新にかけても、アジア・太平洋戦争敗戦前後にも、ルース・ベネディクトが当惑するような次のような不可解な言動が顕著に見られた。

それは、黒船の来航以来、人々は “尊王攘夷”を口々に訴えていたのに、欧米列強の文明の持つ圧倒的な力を見せつけられ、開国を迫られると、それまでの自分たちの言動をほとんど一夜にして全否定までして開国し、その後“鹿鳴館”、“文明開化”へと態度を急変させたことである。

また、1941年、日本は、それも、国内では、陸軍大学校海軍大学校という超難関学校の卒業生の居並ぶ軍部の中でもとりわけエリート中のエリート集団が、工業生産力が日本とは圧倒的に違うアメリカを相手に、そのアメリカを徹底的に知ろうともせず、また己の実力のほども客観的に知ろうともせずに、その上戦略と言える戦略もなく、戦争目的も曖昧で、意思決定も曖昧なままに、“鬼畜米英”一心で自滅的、あるいは破れかぶれ的ともいえる戦争を挑み、そしてその戦争の末期には、“一億玉砕”と威勢のいい声を張り上げ、反戦を唱える者を“国賊”、“非国民”呼ばわりして来た人々がだ、日本に原爆が落とされ、マッカーサーが占領軍として入ってくるや、一転して “アメリカ様々”、“これからは民主主義の時代”と態度を豹変させたことだ。

 

本章の第5章では、私は、なぜ私たち日本人は外国人からも不可解と思われてしまうこのような振る舞い方をするのか、またどうしてそうした行動をとるようになったのか、その疑問に対する答えを私なりに探ってみようと思う。

それを考えようとする最も大きな理由は、果して私たちはこのようなものの考え方や生き方を続けていてイザッというとき大丈夫なのか、ということを危惧するからだ。

その「大丈夫か」とは、既述もして来たが、それでこの日本という私たちの国を国として、社会を社会としてきちんと維持できるのか、世界から孤立を深めてしまうだけではなく個々人の関係をもますます孤立に追いやってしまうのではないか、イザッ国難というとき、この国は、あるいは国民は、自力で対処して克服できるのか、私たちの子や孫たちは今後もこれまでと同じように、比較的平穏に生き続けて行けるのか、等を意味する。

もう少し具体的に言うと、たとえば、こんな時こそみんなで団結して対処しなくてはならないという肝心なときに、先ずみんなで実状を冷静客観的に正確に把握しようとできるのか。問題の核心や本質を掴み、とりあえずということではなく、それに対する根本的な対処方法を冷静に考え、手を打つことができるのか、ということである。むしろ冷静さを失って狼狽え、あるいは破れかぶれになり、あるいは感情論や精神論に陥ってしまいやしないか。
また、あらぬデマや神がかった話やまるで根拠のない話が飛び交い、それらに乗せられたりして、全体がそっちに動き、かえって自分たちをいっそう危険な状況に陥らせてしまうようなことにはならないか、ということである。

 

あるいはこういう問い方もできる。

そうでなくとも既述のとおり、これまで何かと特異で異常と見られて来た私たち日本人である。
とくにこれからは、国内はもちろん世界的にも、また地球的にも、かつてなかった様々な、予想を超える事態、というより想像を絶する現象が次々と起ってくるであろうことが想定される今後(第1章の1節)、私たちの国日本は、確かな指導者を立て、その下に、冷静沈着に、つまり客観的かつ事実や真実に基づく情勢分析をしながら、大局的で長期的な方針———戦略と言ってもいい————を立てながらも、目の前の問題を一つひとつ着実に解決させて行くということを、国の総力を挙げて、他国に追随することなく、自力で事態を克服して行くことができるのか、ということだ。
むしろ、情緒的になり、「がんばろう」を連呼する空元気ばかりで、あるいは何の根拠もないのに妙に威勢よくなって、かえって方向を見失い、統率を乱してバラバラに動いて事態を混乱させてしまい、自ら危機的状況を深めてしまうようなことになりはしないか、と。

実際、こうした状況に陥ってしまった最も典型的な例が、既述したあの太平洋戦争の時だ。その挙げ句が2000万に及ぶアジアの人々を殺害しながら、広島・長崎へは原爆を投下され、310万人の自国民を死に追いやり、北方四島を失ったのだ。

私には、1973年のオイルショックのときの国民全体のなりふり構わない狼狽ぶりも、1993年の冷夏の時の米不足に陥ったときの国民全体のなりふり構わない狼狽ぶりも、皆、根本では、私たち日本人の同じものの考え方と生き方に因るものと思えてしまうのだ。

しかし、今日なお歯止めのかからない少子高齢化とそれによる人口減少によってこれまで維持されてきた社会の様々な仕組みや制度あるいは行事が維持困難となってきている中、これから日本人の私たちが遭遇する事態は、地球温暖化、気候変動そして生物多様性の消滅という事態と相まって、上記のオイルショックや冷夏による米不足の事態などとは比較にもならない深刻で悲惨な事態であろうと私には想像されるのである。それも一過性のものではなく何年間も続くものであろうと想われるのである。

ではそのとき、果たして日本人はどう行動するのか。行動できるのか。

“それは、その時になって考えればいい”というわけには絶対にいかないのだ。むしろの時には、全てが手遅れとなり、“万事、休(窮)す”となってしまいかねない。

では、日本人のものの考え方や生き方の特徴とは何かといった場合でも、そこには極めて多くのことが考えられる中で、私にとくにそうした危惧を抱かせてしまう私たち日本人の大多数が当たり前として来たと私には思われる「ものの考え方」とそれに基づく「生き方」とは具体的に言うとどういうものか。

人間というものは、自分の生き方、来し方を省みるというのは、普通あまり気が進むことではなくむしろ辛いことではないかと思われるが、ここはしかし上記の理由により、あえて省みてみようと思う。

それは、大きく分けると次の3種類になるように思われる。

 

1.明確な理由や根拠もないまま、またとくに善悪の判断もしないまま、またそれがどのような結果をもたらすかという推測や想像もしないまま、とにかく周りの「みんな」と同じようにしなくてはいけない、「みんな」と対立してはいけないという強迫観念に駆られて、いいことでも悪いことでもその「みんな」がやっていることや言っていることに合わせなくてはいけないと考えてしまうものの考え方であり、それに拠る生き方だ。

また、金力・腕力・権力等が自分より強いと思う者に対しては、あるいは自分ではどうにもならないと思う大勢の動きに対しては、「逆らっては損」、「逆らっても無駄」とばかりに、それが自分ではたとえ「どこかおかしい」あるいは「理不尽」、「そこまでする必要があるのか」と思えても、それをほとんど「仕方がない」として受け止め、自分で自分を規制し抑えながら無批判に追従しては集団の中での「和」を保ち、「協調」させては自己保身を図ろうと考えてしまうものの考え方であり、それに基づく生き方だ。

あるいは同質者たちのこうしたものの考え方と生き方をすることの裏返しとして、何か重大事件が生じたときなどには、あるいはそれをきっかけにして、自分(たち)とは違うものの考え方や生き方をする人たちないしは社会的弱者・少数者に対して、執拗に攻撃をしたり差別的発言を繰り返したりしては、社会に差別と分断を意図的にもたらす生き方だ。あるいは風評被害をもたらす生き方だ。

 

2.何を為すに際しても、物事の事実や歴史の真実を問う議論をしようとはしない。同様にして、理念を問う議論、原理や原則を問う議論もしない。正義や大義を問う議論もしようとはしない。
今起っている出来事や起った出来事の原因を問う議論もしないし、本質あるいは根源を問う議論もしない。
何を為すにも、「計画」だけは大々的に発表するが、それを行う意義や動機や目的を筋道立てて明確にすることはしない。また、その計画は最終的にはどのような段階や状態を目ざすのか、それも明確にしない。
言葉の「意味」、物事の持っている「意味」、歴史的事実の持っている「意味」というものもことさら問わない。

むしろそれらをすべて曖昧にしてしまう。

同様に、何を為すにも、物事や状況・情勢、とくに現場のそれを冷静かつ客観的に、そして多面的あるいは総合的に見極めてから着手するということはしない。
客観的あるいは科学的根拠に立った予想も立てない。大局的視野と長期的視野でものや現象を見ることもしない。むしろ自分に好都合な情報ばかりを鵜呑みにし、勝手な思い込みで予想を立てる。

つまり事実や真実を明確にすることに拘らないし、実現性や実効性のある戦略や長期計画(グランドデザイン)を持たないし持とうともしない。戦術も行き当たりばったりとなる。

こうして何事も、上記のような態度を維持したまま、とにかく“頑張ろう”とか、“この出来事は風化させない、させてはならない”いった言葉だけは「みんな」で乱発させる。あるいは“自衛自存のために”、とか、“骨太の方針”などといった抽象的な言辞や建前論で済ませてしまう。あるいは情緒的かつ主観的に、あるいは精神論で対応しようとする。

こうした状況だから、生じた重大出来事を「みんな」ですぐに忘れるし、迫り来る危機とその意味にも「みんな」が気付かない。だから万事休すの事態の到来を早めてしまう。

 

3.とくに自分の為した物事や自分が関わった物事が不本意な結果で終ったとき、あるいは不本意な事態をもたらしたとき、そのことに対して潔く責任を認めようとはしない。むしろ言い訳をし、自己正当化しようとする。
あるいは当事者間で互いに責任をなすり付け合う。

つまり責任とはどういうことか、責任を取るとはどうすることか、をきちんと考えない。そしてそれをうやむやにしてしまう。

物事を引き受ける時にもそうだ。結果が不本意なもので終わった時自分はどうするのかと、その責任の取り方をしっかりと考えることなく引き受けることが多い。時には、逃げ道を用意してから任に就くということすらある。

自分が直接間接に関わった過去(歴史)や目の前の事態をもたらした過去に対するものの見方や生き方についても同様の態度だ。“俺たちには関係のないことだ。過去の人間がしたことだ。それなのになぜ責任を持たねばならないのだ”、“いつまでそんなことにこだわっているのか”、“幾度謝れば気が済むのか”と開き直りさえする。

ところが、ひとたび自分に火の粉が及んでくるような事態が生じると、あるいは自分に直接「損得」や「利害」が及んでくるようになると、それまでの自分の無責任あるいは無関心な態度を顧みることもなく、なりふり構わずに自分がその構成員となっている社会や、それまで無関心で来た政治に対して、不平や不満あるいは愚痴をぶつけてみせる。

 

以上の3つが、私たち日本国民一般に見られるものの考え方や生き方の特徴の中で、私なりに考える、このままでは危機を特に早くに呼び寄せてしまう、というより一旦危機に陥った時、私たち日本国民自身がかえって危機を深刻化させてしまうと推測される「ものの考え方」と「生き方」である。

これらが意味していることをもう少し具体的かつ詳細に説明すると次のようになる。

なお、それについては、「その2」の次回にしたいと思います。