LIFE LOG(八ヶ岳南麓から風は吹く)

八ヶ岳南麓から風は吹く

大手ゼネコンの研究職を辞めてから23年、山梨県北杜市で農業を営む74歳の発信です/「本題:『持続可能な未来、こう築く』

5.1 私たち日本人一般に見られるこれまでの「ものの考え方」と「生き方」の特徴—————その1

 今回は、拙著「持続可能な未来、こう築く」について、2020年8月3日掲載の目次の中の5.1節を公開しようと思います。

それは、ますます多くの難題が次々と目の前に迫ってくるであろうと予測されるこれからの時代とこれからの社会において、確信と誇りを持って生きて行けるようになるためには、私たち日本国民は、一人ひとり、一度はじっくりと考えておく必要があるのではないかと私なりに考えるそれらを整理したものです。

 本節も、全体は長いため、便宜上「その1」と「その2」に分けて公開します。

 

5.1 私たち日本人一般に見られるこれまでの「ものの考え方」と「生き方」の特徴                     ——————その1

 

 世界中のどこの国の人々にも、多かれ少なかれ、その国その地方独自の風土と歴史の中で育まれた固有のものの考え方とか生き方があるものである。そしてそれこそが文化といわれるものであり、人々はその文化の中でアイデンティティを身につけてゆくのである。

それだけにその文化は、それぞれ質の違いはあれど、そして歴史の中で形成されて来たものであるだけに、どれが良くてどれが悪いとか言えるものではないし、また、一般に、相互に軽々に輸出したり輸入したりできる質のものでもない。

 当然この「風土と歴史そして文化と人々のものの考え方・生き方」との関係は、そのまま私たち日本人にも当てはまるはずである。

 しかし、である。そのとき、私たち日本人一般の行動様式、とくにものの考え方と生き方については、他所の国の国民のそれらとは顕著に異なっているのではないかと感じることが私には頻繁にあるのである。それも、こんな時こそはと私には思える肝心な場面で見せるその姿においてである。

 たとえば、次のような時である。

————今、この国を変えたい、変えなくてはと思っている人は非常に多くなっていると私は思う。それであれば、それを実現する最も確実で手っ取り早い方法は、国民生活の今と近未来を決定的に左右する政治状況を換えることだと私は思うのであるが、ところが、その政治を換える絶好の機会の一つであるはずの選挙となると、なぜか投票率は低いままだし、結局は現状の社会をもたらして来た現政権を勝たせてしまう、という行動様式についてである。

 あるいは、「3.11」直後の東京電力福島第一原子力発電所炉心溶融に因る連続水素大爆発事故後によって最大47万人の避難者・被害者を出し(2011年3月14日)、世界をも震撼させたのにも拘らず、またその被害者の多くは丸10年経った今もなお被災3県(岩手、宮城、福島)で4万2565人もの人々が自宅にも戻れずに避難生活を強いられ続けているというのに(「サンデーモーニング東日本大震災から10年 2021年3月7日)、この国の政府は、その事故の検証も公式にしないまま、早々と国内原発の再稼働を決めてしまった、という行動様式についてである。

 あるいは、近いうちには、首都圏を含んで、南海トラフなる巨大地震が50%を超える確率で襲ってくるという専門家の見方があり、そしてそれが実際に起ったなら、最低でも何万人という規模の人が犠牲になるとも予想されている中で、国民は、東京やその周辺に移り住もうとすることを避けようとするどころか、却って、東京一極集中をますます加速させてしまう、という行動様式についてだ。

 あるいは、今、地球規模で温暖化が進み、気候変動が進み、このままだと今世紀末には4度ないしはそれ以上高温化すると言われ、そのときには、人間はもはやこの地球上には住めなくなっているかも知れないとその方面の専門家も警告しているのに、国民も、政治家も、ほとんど無関心なままでいる、という行動様式についてである。

 とにかく、このように、日本人のものの考え方と生き方については、現状と行動がちぐはぐ、あるいは矛盾していると思われる事例を挙げたらきりがないのである。

 世界において、日本人を知る上での最高の著書の一つと数えられるようになった「菊と刀」の著者ルース・ベネディクトも日本人についてこう書く。

その著書が書かれたのはおよそ70余年前の太平洋戦争中である。書くきっかけとなったのはアメリカ政府からの依頼だ。アメリカ政府は、日本はこれまで国を挙げて戦ってきた敵の中で最も気心の知れない敵と思ったのである。そこで、対日戦を有利に運ぶために、敵である日本人の性状を知る必要を感じ、彼女に調査研究を委嘱した。それで出来上がったものがこの書なのだ。

 彼女は、その著書の中で、日本人の行動の仕方について、矛盾の数々を明らかにしながらも、その不可解さに当惑さえしているのである。

“日本人は最高度に、喧嘩好きであるとともにおとなしく、軍国主義的であるとともに耽美的であり、不遜であるとともに礼儀正しく、頑固であるとともに順応性に富み、従順であるとともにうるさく小突き回されることを憤り、忠実であるとともに不忠実であり、勇敢であるとともに臆病であり、保守的であるとともに新しいものを喜んで迎え入れる。彼らは自分の行動を他人がどう思うだろうか、ということを恐ろしく気にかけると同時に、他人に自分の言動が知られないときには罪の誘惑に負かされる。彼らの兵士は徹底的に訓練されるが、しかしまた反抗的である。そしてこれらはいずれも真実である。”(「菊と刀講談社学術文庫 p.12)

 実際、第二次大戦中、日本兵は、ルース・ベネディクトからでなくとも、欧米からも次のように見られていたのだ。

“身の毛がよだつような相手でも、ヨーロッパでは敵は人間だった。しかし太平洋戦線では、日本人がまるでゴキブリかネズミのように見られていると判った”(従軍記者アーニー・パイル)

“思慮分別のないジャップは、人間らしさを示すものは何一つない”(雑誌TIME)

アメリカ人は日本人を人間以下の害虫とみなしている”(ワシントンのイギリス大使館

“日本人ほど忌み嫌われていた敵はいなかった”(歴史家アラン・メリンズ)

(以上、「BS世界のドキュメンタリー オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史(第3回)」より)

 そしてこれに近い見方は、あれから70年余を経た今もなお、形を変えて、今度は世界から見られているのだ。

たとえば、フリードマン・バートウは「嫌われる日本人」(NHK出版)という書を通じて、田麗玉は「悲しい日本人」(たま出版)を通じて、M.K.シャルマは「喪失の国、日本」(文芸春秋)を通じて。日本人である谷本真由美も「世界でバカにされる日本人」(ワニブックス新書)の中で。

 実際のところ、江戸幕末から明治維新にかけても、アジア・太平洋戦争敗戦前後にも、ルース・ベネディクトが当惑するような次のような不可解な言動が顕著に見られた。

 それは、黒船の来航以来、人々は “尊王攘夷”を口々に訴えていたのに、欧米列強の文明の持つ圧倒的な力を見せつけられ、開国を迫られると、それまでの自分たちの言動をほとんど一夜にして全否定までして開国し、その後“鹿鳴館”、“文明開化”へと態度を豹変させたことである。

 また、1941年、日本は、それも、国内では、陸軍大学校海軍大学校という超難関学校の卒業生の居並ぶ軍部の中でもとりわけエリート中のエリートの集団とされる「作戦部」が、工業生産力が日本とは圧倒的に違うアメリカを相手に、しかもその敵とするアメリカを大して知ろうともせず、また己の実力のほども客観的に知ろうともせずに、その上戦争全体をどう進めるかという戦略と言える戦略もなく、戦争目的も曖昧、意思決定も曖昧なままに、したがってどういう状態になったら戦争を終結させるかの方針もなく、“大和魂”の下、反戦を唱える者を“国賊”、“非国民”呼ばわりしながら、“鬼畜米英”を叫び、自滅的、あるいは破れかぶれ的ともいえる戦争を挑んだことだ。

 そしてその戦争末期、自国の形勢不利となると、“一億玉砕”も辞さずとの威勢のいい声を張り上げるのであるが、日本に原爆が落とされ、ソ連軍が怒涛のように北方四島になだれ込んできて、いよいよ天皇が「敗北」を宣言し、マッカーサーが占領軍として入って来て様々な物資を提供されるや、それまでの態度を一転させて “アメリカ様々”、“これからは民主主義の時代”と、ここでも文字通り一夜にして豹変させたことだ。

 

 本章の第5章では、私は、なぜ私たち日本人一般は外国人からも不可解と思われてしまうこのような振る舞い方をするのか、またどうしてそうした行動をとるようになったのか、その疑問に対する答えを私なりに探ってみようと思う。

それを考えようとする最も大きな理由は、果して私たち日本人はこのようなものの考え方や生き方を続けていて、イザッというとき大丈夫なのか、ということをとっても危惧するからだ。

 ここに言う「イザッというとき」とは、例えば、これまでの暮らし方を続けてゆくことが否応なくできなくなった時、あるいはそのままでは人間としてまともに生きてゆくことさえ難しいという事態に直面した時、あるいはこのままでは国民の一人ひとりが、その生命と自由と財産を維持し得ないのではないかと実感する事態に直面した時、という意味である。

 実際、そのような事態はもうすぐそこまでやってきているのではないか、と私は推測する。

それは、現在、止めることができていない地球レベルの温暖化による気候変動の激化と、生物多様性の消滅による世界的な全般的な危機のことだ。また「大丈夫なのか」との意味は、例えば1.1節に述べて来た状況が現実化したとき、国家として、また国民として、あるいは国民一人ひとりとして、ちゃんと対処して行けるのだろうか、為す術もなく、ただうろたえるだけになるというようなことにはならないだろうか、ということである。

 さらに言えば、そんなとき、むしろ冷静さを失い、あるいは破れかぶれになり、あるいは感情論や精神論に陥ってしまい、あらぬデマや神がかった話やまったく根拠のない話に振り回されたり、一部分にばかり目を奪われて全体を見失ってしまったりして、行くべき方向をみんなで見失ってしまい、一層、自分たちを窮地に追い込んでしまいやしないか、ということである。

そして結局は、“万事、休(窮)す”、つまり「もはや打つ手はない。全ては手遅れ」という事態を自ら招いてしまいやしないか、ということである。

 

 実際、この国の人々は、こうした事態を招いてしまったことが、過去幾度もあるのである。

その最大の実例が、あのアジア・太平洋戦争の時の戦争の始め方だ。自らあんな無謀極まりない戦争に突入し、結果として、2000万に及ぶアジアの人々を殺傷しながら、自国民の310万人を死に追いやり、広島・長崎へは原爆を投下され、その上、北方四島をも失ってしまったことだ。

 1973年のオイルショックのときもそうだった。それは、日本国民の圧倒的多数が、普段、エネルギーの自給自足など全く眼中になく、外国から買っていればいいとばかり、安逸を貪っている時の出来事である。その時日本国民、またそれを代表する政府はどうしたか。国民はうろたえるし、時の総理大臣田中角栄は、三木武夫を特使として中東に派遣し、なりふり構わぬ「土下座外交」をし、見事に相手国にいいようにあしらわれたのだ。

 1993年の冷夏の時もそうだった。冷夏がたたって秋には凶作で米が取れず、不足に陥ったのだ。

ではその時、日本国民、またそれを代表する政府はどうしたか。

国民、特に都市住民の多くは“食う米がない”と言ってはうろたえ、政府は政府で慌ててカリフォルニア米やタイ米を緊急輸入したのだ。

幸い、翌年は例年並みにコメは穫れた。したがって去年緊急輸入した米が余ってしまった。

すると日本国民はそれをどうしたか。家畜の豚の餌にしたのである。カリフォルニアの人やタイの人が主食としている誇りを持って育てた食糧を、である。

 しかし、今後この国の人々が直面してゆくであろう事態は、実は今挙げた実例のレベルのものとはその深刻さの度合いと悲惨さの度合い、そしてその事態が継続する期間の長さにおいて、比較にもならないものだと私は確信する。

なぜなら、それはこれまでの危機の類とは違い、一旦その事態に陥ったなら、人々の努力によって元の状態に修復するとか復元するとかいうことができるようなものではないからだ。

それは人間の果てしない欲や身勝手さによって引き起こされた事態とはいえ、意志や都合とはほとんど無関係な、地球規模の自然の循環システムが壊れてしまった結果起こってきている現象だからだ。

 

 なお、私がここで言う「日本人一般」とは、あくまでも日本国籍を有するという意味での日本人一般である。もちろんその場合、日本人一般とは言っても、物事つねにそうであるように、例外に属する人々もいる、ということをも前提としている。

 では、果して、“このようなものの考え方や生き方を続けていて、イザッというとき大丈夫なのか”、と私を危惧させる私たち日本人の「ものの考え方」とそれに基づく「生き方」とは、具体的にはどのようなものであろう。

 既に、それとなくは触れてきたが、それを整理すると、大きくは次のようになると私は考える。3種類ある。

1.生き方において、骨格となるもの、芯棒となるものがない。これだけは誰にも譲れないというものを持とうとはしない。自分というもの、自分の考えというものを持たない。

自分なりの価値規準や物事への判断規準を持とうとはしない。物事の価値の軽重の違いを区別しない。そして力の強い者、勢力の大なる者、著名なる者、声の大きな者には無批判に追随してしまいがちである。「正義が実現した上での秩序」ではなく、「正義よりもまず秩序」を重視してしまいがちである。

2.その場の「空気」は読んでも、「先」を読もうとはしない。目先を見るだけで、大局的ないしは長期的な視野で物事や出来事を見ようとはしない。

 何かを為そうとする時、あるいは物事に対処するにも、動機と目的を明確にしない。歴史から学ぼうとはしない。正義や大義を問うこともしない。理念も問わない。物事の原理や原則を問わない。物事の「意味」や言葉の「意味」、また歴史的事実の「意味」を問わない。科学的真実あるいは客観的事実を根拠にして、将来予測をしたり予防の手を考えるということもしない。

 起こった出来事についても、それがなぜ起ったのかその原因を本質まで突き詰めることもしなければ、総括も検証もしない。失敗しても、なぜ失敗したのかその原因を突き止めようともしなければ、そこから教訓を引き出してそれを未来に生かそうともしない。もちろんその失敗を含めて、公式の記録として残すこともしない。むしろ失敗や不都合を隠そうとさえする。場合によっては、起こった出来事でも、「なかったこと」にしてしまう。

 物事や現象あるいは状況や情勢を見るときにも、客観的かつ多面的あるいは総合的に見極めようともしない。一部を見るだけで、あるいは一部に囚われるだけで、全体を見ようとはしない。

そして自分(たち)に不都合な事実や状況はあえて見ようとしないし、不都合な情報は知ろうともしない。自分(たち)が知りたいことしか知ろうとしないし、自分たちが関心あることしか関心を示さない。起きて欲しくないことは起きないことにしてしまう。そして敵あるいは対象を知ろうとしなければ、自分の力量も能力も客観的に知ろうとはしない。

同様に、醜いもの、汚いもの、不快なもの等も見ようとはしないし、見せようともしない。

 つまり、事実や真実そのものを直視しようとはしないし、直視するよう仕向けもしない。

 それでいて“とにかく頑張ろう!”とか、 みんなで“バンザイ!”といった意味不明の雄叫びを上げたり、同じく「骨太の方針」などと情緒的な呼び名を付けたりしては、精神論で現実に対処しようとする。

3.自分は社会という共同体を構成する一員である、あるいは全体を構成する一員であるという意識や自覚を持とうとはしない。

社会の出来事に主体的に関わろうとはしない。自分の言動には常に責任が伴う、とは考えない。

自分の為したこと、関わったことに対して、自ら責任を取ろうとはしない。

特に自分が関わったことが失敗した時などには、むしろ「言い訳」をしたり、「言い逃れ」をしようとする。

 

では、これらを順番に、もう少し詳しく見てゆこう。

 まず第1には、こうした生き方をしていると、このことから、続いてどのような行動に出やすくなるであろうか、という点について見る。

 

1.について。

 自分だけが目立つこと、際立つことを嫌い、あるいは他者と違うと見られることを忌避し、自分の判断、例えば正邪の、あるいは適不適の、あるいは価値の判断をしないまま、自分で納得しないまま、無理して、他者あるいは周囲のみんなに合わせようとしてしまう。つまり、真似だ。周囲の「みんな」がやっていることを、やっている通りにただやるだけとなる。他者の言葉に流されやすくなる。だから状況によってブレる。だから煽動されやすくもなる。

また、物事を自分で深く考える、ということをしないから、物事を見て、聞いて、知っても、それに対して疑問に思い、それを明らかにするということをしなくなる。

何が重要で、何がそうでないかの区別をつけないから、物事をゴチャ混ぜにしてしまいやすくなる。そうなると、重大な出来事や事件があっても、その時はみんなで話題にし、また大騒ぎをするが、しばらくすると、それもすぐに忘れてしまう。熱しやすく、また冷めやすくもなる。

 

2.について。

 他者のやっていることで、自分でもこれは「うまい方法」、「好都合」、「便利」、「快適」と思えることについて、なぜその他者はそのようなことをするようになったのか、ここに至るまでの経緯はどうだったのかと、その歴史的、文化的な背景や経緯を問うことはほとんどなく、手っ取り早く取り込んでは、それを真似て、追いつき、あわよくば本家のそれを追い越すという方法を取った方が得策だ、と考えやすくなる。

 つまり、自分で、一から、あるいは原理的なところに着眼してそこから出発して努力し、試行錯誤を繰り返しながら工夫をし、自分独自の完成品を創るということをしなくなる。

 それは本質的に「損得」や「効率」にこだわった「真似」であり、「とりあえず」で「間に合わせ」の生き方であるために、真似たそれがどんな問題点を持ち、限界は何かを知りえないし、応用の仕方も知りえない。そしてその生き方は、「土台」のない「根無し草」の生き方でもあり、真理に対して決して「誠実で謙虚な対処の仕方」ではなく、むしろ「横取り」あるいは「いいいとこ取り」の生き方であり、道徳的にも「ズルい」生き方とも言える。

 そしてそうした物真似の生き方を当たり前とするようになると、創造性や独創性を大切にし、自分の努力と工夫で新しいものを作り出した本人に対する尊敬の念を忘れてしまやすくなるだけではなく、自らも創造することの大切さや歓びを味わうこともなくなってしまいやすい。

 それは、真の「先進」国の国民の生き方ではないのである。

 

3.について。

 自分がその成員である集団や社会に何か重大な問題が生じても、“もし、私がそれをしなければ、一体誰がそれをするのか”、という意識を持とうともしなければ、また結果において、“それをしたのは私なのだから、最終的には私に責任がある”という意識も持とうとはしなくなる。

むしろ、自分がその構成員となっている集団や社会はどのように運営されているのかということについて無関心であったり、「あなた任せ」にし、“誰かがなんとかしてくれるだろう”という態度を取りがちになる。

 それでいて、イザッ、その集団や社会に、自分に火の粉が及んでくるような事態が生じると、あるいは自分に直接「損得」や「利害」が及んでくるようになると、それまでの自分の無責任あるいは無関心な態度を顧みることもなく、不平や不満あるいは愚痴を振りまいて見せる。

でも、だからと言って、それの解決のために自ら行動を起こそうとまではしない。

 つまるところ、自分たちの国や郷土は自分たちの手で守るのだという愛国心も、持とうとしなければ、自分たちの集団や社会という共同体の運命は自分たちで決めるのだ、という主体性をも、持とうともしなくなる。