LIFE LOG(八ヶ岳南麓から風は吹く)

八ヶ岳南麓から風は吹く

大手ゼネコンの研究職を辞めてから23年、山梨県北杜市で農業を営む74歳の発信です/「本題:『持続可能な未来、こう築く』

7.4 便利さ・快適さを追い求めることが意味するもの————————その2

f:id:itetsuo:20210101165311j:plain

これは「その1」に続くものです。

7.4 便利さ・快適さを追い求めることが意味するもの————————その2

 

6.AI(人工頭脳)

AIは正に、今、発展しつつある技術で、結果は未だはっきりとは出ていないし、評価も固まってはいない。しかしそれが目ざしていることが「自ら学習することによって、人間がすること、できること、考えることが人間に代わってできるようにすること」である、としていることからすると、今後どういうことになって行くかは大凡ながら推測は付くのではないだろうか。

そこで、ここでは、その推測の結果、どういうことになるか、ということについて推察してみる。

 

人間にとって実現されるであろう便利さ:

状況や環境がどういう状態であれ、それには影響されずに、つねにそれまでに習得した知識や情報そして学習した事柄に基づき、それが人間にとって短期的にも長期的にも正しいものかどうか、つまり本当の意味でそれが正解かどうかはともかくとして、人間よりもはるかに速く答えを見出してくれ、対応してくれる。

一方、その便利さを実現する反面、不可避的に同時に招いてしまうであろう負の事態:

先ずは、AIという技術が目ざしていることがいかに「自ら学習することによって、人間がすること、できること、考えることが人間に代わってできるようにすること」であるとしても、上記の、「とくに対象が動かず、また動けないままのもの———とくに全身麻痺した病人等———をどう対処したらいいかという場合や、対象が希望や苦情を言って来たりしてその都度感情を変化させてくるような場合、さらには無から有を創造したり、様々な状況が錯綜している場合に問題を総体として把握したり、またそれらを整理したり、そしてそうした状態に対して某かの判断を下さねばならない場合、また一人ひとりが意義ある生き方とは何かその答えを見出そうとする場合、等々」には多分、ほとんど対処できないであろうことを明確にしておく。

ところが構成分子が人間であるこの現実の社会では、いま述べたようなことがつねに実現されていることこそが、人間一人ひとりにとっては、その社会を意味のある社会、価値ある社会、生きるに値する社会にしているのである。

確かに、現状、AI技術がいっそう発達して行くと、定型化されていて、それで対処できていた職業分野・産業分野において仕事に就いて来た人たちのほとんどは、職を奪われてしまうであろう。つまり、その方面の失業者を増やしてしまう。

と同時に、そうした傾向が強まると、いつしか、AIの開発者も、世の中の人々も、AIは何でもでき、何でもこなせるようになるのではないか、というAIに対する過信が生まれ、物の生産部門だけではなく、人々の死活に直結するような重要な部門での判断も、あるいは人間の命の選別も、人間にではなくAIに任せようとする空気が生まれるかも知れない。その結果、社会の人々に、人間というものや仕事の持っている意義や技術そして価値観に対して誤った考え方を生じさせてしまうかも知れない。

またたとえいま職に就けている人でも、資本主義の社会である以上、その宿命として、生産性や効率化が優先され、ますますコストが削られて行くことになるから、いずれ自分の今の職もAIによって奪われてしまうかもしれないという恐怖を抱くようになり、今の仕事に全身全霊を持って打ち込めなくなるかもしれない。

また同時に、職を持っている人々は、その職を失いたくないがために、賃金の高低には目をつむる傾向が現れてきて、結局今まで以上に自分で自分を無理させ、心身の健康を害しがちになるのではないか。つまり、人生に時間的・精神的ゆとりなどとても持てなくなってしまう人を多く生み出すことにもなるだろう。否、そのレベルに留まらず、多くの人々は仕事で人生を燃焼し尽くしてしまうか、それまでの職場での人間関係上でのストレスの上にさらにAI によるストレスが増し加わって、精神に異常をきたす人が今まで以上に続出するようにもなるであろう。

つまり、仕事を持てている人とAIのために失職した人との間でも分断・分裂が生じ、それは社会的格差を一層拡大させ深化させ、それだけ社会全体は不安を増し、緊張を激化させてしまうことを意味する。

一方、AIを導入した企業の経営者(起業家)や、その企業に投資している資本家は、利益が上がれば上がるほど、そこに働く人々に比べてはるかに多くの所得を手にすることができるようになる。つまり「持てる者」だけがますます多くの富を独占できるようになる。

しかしまた、そうなると、社会の購買力を左右する中間層は全体として賃金が伸びないために購買力がつかないから、企業がAIを導入して効率性を上げて生産性を向上させて物を作っても、売り上げは伸びないどころか、却って落ち込んで行くことにもなろう。それは結局のところ、企業そのものの首を絞めることにもなる。

つまり、AIは、それがどんなに発達しても、最終的には、社会に分断や格差の拡大による不安や緊張を高めてしまうことにしかなるまい。

それにAIは、それを支えるコンピューターが今後ますます記憶容量を増やそうとも、また計算速度を今後どれほど速めてゆこうとも、例えば数学の分野で出てくる「極限値を求める」という計算さえ、人間の頭脳には叶うまい。あるいは、何億光年も彼方の天体を、一瞬にして「想像する」こともできまい。光速度を超えることはできないのだからだ。

あるいは、人間の必要に応じて物を「創造する」ということもできまい。

さらには、人間の良心を「信じる」ということもできまい。

もっと言えば、「真・善・美」の意味も理解できまい。

さらには、このAIという自律的自己発展型技術は人間の感情を「思いやる」ことなどもできないであろうから、そんなAIが兵器システム、とりわけ核兵器に搭載されたなら、それこそAIは兵器として殺戮の効率性しか考えないだろうから、つまりAIはAIが自ら選択した方法の結果、どれだけ多くの人々に、どれだけ悲惨な事態をもたらし、しかもその悲惨さが犠牲者たちの世代を超えてもたらし続けることになるだろう、などとは想像することもできないだろうから、そして自分の犯したことに「責任を取る」ということもできないだろうから、その時にはAIは、「便利さ」をもたらしてくれる物といった次元をはるかに超えて、人類を滅ぼすという結末すらもたらしてしまうことになるのではないか。

 

7.お金

ただしここでは、実体ある物の交換手段としてのお金というものだけに着目する。したがって、たとえば、証券(債券)、株券あるいはその他の金融商品あるいは金融派生商品については考えない。なぜなら、それらは既に、当初、それを持って誕生した「交換手段としてのお金」という意味も役割も果たさず、むしろ社会構成員間の格差を拡大し、実体経済そのものを撹乱し、社会に賭博(ギャンブル)的性格を蔓延させ、社会の健全性を失わせるだけの存在でしかなくなっているからである。つまり、もしそれらの得失をも検証しようとすれば、その存在自体が既に社会的にはマイナス(負)の面をもたらすだけのものになっているからだ。

実現された便利さ:

・その地あるいはその国が貨幣経済の社会である限り、どこででも、その所持金以下の金額の物ならばそれをもって何でも買える。

・人間固有の能力の1つである労働の対価として支払うのに手軽である。

・銀行あるいは金融機関に預けておくだけで、普通は、利子がつき、元金を増やすことができる。だから便利で都合がいい。

便利さを実現したとき不可避的に同時に招いてしまう負の事態:

・上記「便利さ」の理由により、お金を持てば持つほど自己の物質的欲求を満たしやすくなると考えがちになることから、ますます「お金を持つこと」、「物を持つこと」に執着するようになりやすい。その結果、お金さえあれば幸せでも人の心でも手に入れられる、何でもできるという錯覚に陥りやすくなり、それが社会の秩序を乱す原因となりやすい。

・また、お金を貯めることや貯める方法には関心は持っても、持ったお金・蓄えたお金を何か社会のために生かして遣うとか、有効な使い途あるいは意味ある使い途については考えようとはしなくなりやすく、「持つこと」、「貯めること」それ自体が目的となってしまいやすくなる。その結果、持つことや増やすことにますます執着しやすくなり、そのために時には自己の理性を失わせ、自制心を効かなくさせ、社会の弱者や自然界の他生物をも含めた意味での他者の生存の権利や自由の権利を侵すことに鈍感になりやすくなる。

・また所持金を預貯金銀行に預けることで、あるいは投資銀行に預けることで利子や儲けを生む経済社会では、ある程度まとまった額のお金を持っている人は、自らは働かなくとも預けるだけで財産・資産を殖やせることになることから、生きるためのお金を稼ぐ他者の大変さや苦労を次第に理解し得なくなりやすい。

・さらにこれが高じると、持っているお金をもっと増やそうとするために、より高い利子を支払う借り手に危険を承知で貸せること、より手っ取り早くより多くの儲けを期待できる投資先に危険を承知で投機することに心を奪われてしまい、自己の本来持っていたであろうと思われる人間性あるいは理性をいっそう失って行ってしまいかねなくなる。

・そのようにして次第により大きな資産・富を形成してくると、それにも飽き足らなくなって、ひたすらより多くの富を蓄えることのみが目的となる。そのために、そのような野心を抱く者たちが裏で結託し、自分たちの持っているお金にものを言わせて、政治献金や賄賂という形で特定の政党の有力と見られる政治家に働きかけ、政府を動かして、社会の既存の税制・金融・経済システムそのものを自分たちのみに好都合なように変更させてしまおうとする。そのことによって、本来「最大多数の最大幸福」をもたらすはずの民主主義政治を歪めてしまうと同時に、国家の構成員の間に経済格差を一層拡大させてしまっている。

・そしてそれ自体、「真面目に働けば報われる」とされてきた社会的約束を裏切っていることでもある。

・こうして、「儲けることは自由だし、またそれは善である。その際、道徳は無用」という考え方を当然視する経済社会となってゆくのであるが、そこではお金は、当初それに課せられた交換手段としての役割の比重は軽くなり、持つこと・貯めることそのことが目的化してしまい、またその使い途を問われることもなくなって来て、むしろ社会の中で滞留してしまいかねなくなる。その結果、お金はますます当初の交換手段という役割とは矛盾する性格と機能を持つようになり、社会構成員一人ひとりの暮らしを支えるという役割を軽くもしてしまっている。

・持てる者は他者の苦しみや傷みを理解しにくくなり、持たざる者は、お金を得ることが最大の関心事となってしまい、社会を成り立たせている人々相互の支え合いや助け合いの精神をかえって失わせてしまっている。・こうして今やお金そのものが、私たちの先人たちが築き上げて来た社会共同体を衰えさせ、自然環境を破壊し、個々人の心から他者への思いやりや寛容の精神を失わせ、結果として、社会の中に正義が行われにくくさせてしまっているとともに秩序をもますます乱し、かえって人々の暮らしの上での不安を高める直接間接の最大要因となっている。等々。

 

以上、「便利さ」をもたらすとされる近代文明の代表的産物を手にすることに拠る自然的、社会的そして人間的な面における得失についてざっと見てきた。

これらのことから判断すると、「便利さ」とは、結局、次のように定義できる概念だったのではないか、と私には思われるのである。

 

「便利さ」:

人間の行為と関連する概念であって、ある物事の目的を達成あるいは実現するために、本来ならば最初から最後まで自分の頭で考え、自分の手足を動かして対処しなくてはならないものを、その全行程あるいはその一部を利器あるいはシステムに代行してもらえることであり、またその時に味わえる気分ないしは心境のこと

 

私たちは、こうしたものを近代における主導的な価値観である「豊かさ」あるいは「豊かになること」を支える価値観の一つとして、追い求めて来たし、また追い求めるよう仕向けられても来たのである。

がしかし、以上のことだけからでも私たちはすぐに気づくように、「近代」の工業文明が生み出したそれらの産物は、どれも、例外なく、その産物によって「実現された便利さ」という正の面よりも、「便利さを実現したとき不可避的に同時に生じさせてしまった不都合で望ましからぬこと」という負の面の方が、内容的にも種類的にもそして規模的にも圧倒的に多いということである。

このことは、せっかく科学を発展させながら、その科学を応用した技術によって生み出したそれら産物は、そのプラス面とマイナス面を差し引きした結果においては、つねにマイナス面の方が比較にもならないほどに大きく、それは、人間そのものを、また人間の集合体である社会そのものを、さらには人間を生かし社会を成り立たせて来た自然をも破壊し、汚染し、害毒を撒き散らすものでしかなかったということを表している。言い換えれば、そのことは、人間に豊かさをもたらすとして科学技術が生み出した産物が実際に人間と社会と自然に対してもたらした「便利さ」など、並行して生じさせられた負の面からすれば、まったく取るに足らないほどのものだった、ということでもある。

人間が手にした「便利さ」など、同時に生み出してしまった負の面から見たらまったく取るに足らないほどのものだと私が主張する根拠はまだある。

それは、科学技術の産物を用いれば、人力による効果や結果よりもはるかに大きな効果や結果を生むために、どうしても対象に対して傲慢になり、自身も傲慢になりやすい。その結果として、先人たちがずっと抱き続けてきた人智や人力を超えたものへの畏敬の念や謙虚さを忘れてしまっていることである。結果として、“災害は忘れた頃にやってくる”(寺田寅彦どころか、かえって危機を招いてしまいかねなくなっている。また実際に招いても、対応し得なくなってしまっている。

また、今日の社会一般に蔓延している次に挙げるような傾向の全ても、「便利さ」をもたらすと喧伝された科学技術の産物が結果としてもたらしてきたものだ、と私は確信するのである。

例えば、根気の要ることや手間のかかることを「めんどくさい」として敬遠する傾向。我慢することや待つことができなくなる傾向。努力することや継続することを避けようとする傾向。経過や経緯を問うことなく結果のみをすぐに求める傾向。他者を思いやる力や想像する力を失いつつある傾向。一人ひとりをますます利己主義的にさせては孤立させてしまう傾向。その地の気候風土や歴史の中で培われて来た人間関係を円滑に保って生きるための智慧とも言うべき伝統の生活文化にますます無関心となる傾向。創造力や思考力をどんどん失いつつある傾向。好奇心や探究心をますます失いつつある傾向、等々のことである。

要するに、「便利さ」をもたらすとされる物を手に入れることに拘れば拘るほど、人間を、社会を、そして自然をダメにしてしまうし、実際そうして来てしまったのだ。

 ところが、そうした傾向がますます強まることへの反動なのであろう、他者と繋がり、自分の存在を認めてもらおうとして、スマホSNSが世界中で広がりつつもある。しかしそれは、ある意味では仮想空間での人と人との繋がりでしかないために、言い方を変えれば、実際に手と手を触れ合って、あるいは体と体を触れ合って、相手の呼吸を感じあっての繋がりではないために、そうした繋がりを求める一人ひとりに本当の意味での生きる上での勇気や自信を与えてくれるものとはなり得てはいないのだ。

そのことは例えば、頭で覚えたことというのはすぐに忘れてしまうが、体で覚えたことはいつまでも忘れないでいる、という経験を思い出してもらえばすぐに理解できよう。

そこで、以上のことから、次のような教訓が、いわば箴言として得られるのではないだろうか。

 “人間、誰でも、楽(らく)すると、それは、必ず、いつか、どこかに、楽(らく)した分の何倍、否、何十倍、何百倍ものツケとして回ってくる。”

ここで言う「楽する」とは、本来その人がその人の身体でその時にすべきことを、他の人に代わりにやってもらって目的を果たしたり、機械を使って目的を果たしたりして、その人自身の労を省くことを言う。

また「ツケ」とは、本来その人がその人の身体でその時にすべきことをしないで済ませてしまったことの代償を言う。

ツケがどういう形で、どれだけの規模で、どのように回ってくるか、それはこれまで述べて来たとおりである。

 

では次に「快適さ」を追い求める、ということについてはどういうことが言えるだろうか。

ただしここでは、「自然」がもたらしてくれる快適さについては除き、あくまでも人工的に創り出された物、それも工業的に大量生産された物がもたらす快適さを追い求めるということについてのみ考えてみる。

言うまでもなく、快適さをもたらしてくれる物とは、その人がその物がつくり出す状況や環境の中にいると、それだけで、その人に安らいだ気分や満足感をもたらし、心地よくさせてくれると信じさせられて来た物のことである。

たとえば、その代表的な物と言えば、クーラー、エアコン、水洗トイレ、抗菌グッズ、除菌クリーナー、化粧品、薬、等々といったものだろうか。

これを見ると、「快適さ」をもたらしてくれるとされる物の中には「便利さ」をもたらしてくれるとされる物と重複する物もあることを知るのである。

なおここでは、こうした「快適」をもたらすモノを追い求めることが意味することを明らかにする方法としては、先の便利さについて採ったような、個々の代表例を取り上げて、それらについて個別に得失をとり挙げるという方法は採らず、誰もが毎日利用し、その中で一度は実感したことがあるであろうと想われる次の真実を直視することによって明らかにしてみようと思う。

それはトイレについてである。

そこで、あなたには、今、あるトイレに入ろうとしているという状況を頭に思い描いてみていただきたいのである。

ただしそのトイレは水洗トイレでもないトイレ、いわば昔ながらのトイレで、そこには消臭剤も芳香剤も置かれてはいない、換気扇も置かれてはいないとする。言うまでもなくそこは密室の空間である。

あなたはそのトイレに今入ろうとしているが、そのトイレは、誰か他の人が利用したばかりだと仮定する。もちろんあなたは普通の嗅覚の持ち主とする。

すると、あなたは、入った瞬間、どうだろう。他者の残した特有の「匂い」を感じるはずだ。そしてそのとき、あなたは多分それを「不快」と感じるのではないだろうか。

でも、少し我慢してそこにいるとどうだろう。いつのまにか、さっき感じた匂いは気にならなくなり、不快感もいつの間にか消えてなくなっているのではないだろうか。

そして用が済めばあなたはその密室空間から出ます。

でも、今は、あなたはたまたま腹の調子がよくなくて、しばらくしたらまたトイレに行きたくなったとします。そしてそのとき入るトイレはさっき利用したばかりのトイレとする。

そのとき、どうだろう。たとえ自分の残した匂いでも、なんらかの快感を感じるのではないだろうか。そしてそれはごく自然のことだと私は思う。

ところで、ではこうした経緯は何を意味するのだろう。そしてこの例から何が判るだろうか。

一般に「快適」とか「不快」とか「快適感」「不快感」という言い方で表現される感覚には、概して次のような特徴が見られるのではないか、と私には思われるのである。

4つある

1つは、その客観的状況または環境が同じ程度あるいは同じ状態で続くならば、しばらくすると、最初感じた感覚は必ず薄れてゆき、やがては感じなくなってしまう。

つまり麻痺してしまう、ということ

2つ目は、しかし、同じ場所において、同じ感覚を持続させようと思ったら、その状況あるいは環境をより刺激度が強い状態に変化させなくてはならない、ということ

3つ目は、あるいは、さっき浸っていた状況や環境から一旦抜け出て、しばらく置いて後、もう一度その状況や環境の中に戻れば、当初の感覚が蘇る、ということ

そして4つ目は、状況や環境に対する感覚のこうした特徴は、「快適感」だけではなく「不快感」という感覚についても、またその他のたとえば「満足感」や「幸せ感」、さらには「○○感」と表現できる感覚についても同様に当てはまる、ということ

 

以上の考察結果をふまえると、同じく「近代」という時代に生きて、それを主導的な価値観の一つとして私たちが追い求めて来た、あるいは追い求めるよう仕向けられて来た「豊かさ感」を支える「快適さ」とは、結局、次のように定義できるものだったのではないか、と私は考えるのである。

 

「快適さ」

その人がいる状況や状態から生じる気分と関連する概念であって、その人が同じ状況や状態の下に置かれ続けたなら、その人がその状況や状態から最初に生じた気分は必ず麻痺してゆかざるを得ないものであるために、当初感じた気分を持続させるためには、あえて一旦その状況や状態から離れて、間を置いてから元の状況や状態に戻れば、また新たな気分で当初の気分を味わえるのに、そうした努力や期待をしないで、これまで感じた望ましい気分を、あるいはそれに近い気分を、何かが替わって手っ取り早くもたらしてくれることであり、またその時に味わえる気分ないしは心境のこと。

 

以上が便利さや快適さがもたらすモノやコトについての考察である。

では、こうした便利さや快適さをもたらすモノやコトを実現させる原動力となったのは何かといえば、それは「近代」の科学技術であった。そしてその科学技術を主導して来たのは「資本主義経済」というシステムであった。

そこで、このこととこれまで考察して来た結果とを重ね合わせると、さらに次のことも結論づけられることが判ってくるのである。

人間を、これ以上人間として劣化させたり、肉体的かつ精神的に虚弱にさせたりしないためには、そして社会をこれ以上崩壊させないようにし、自然をこれ以上汚染したり、また破壊したりしないようにするためには、もはや好むと好まざるとにかかわらず資本主義経済というものを止め、それよりも一段と高いレベルでの経済システムとして止揚させなくてはならない、と。同時に科学技術のあり方をも、「知性」に基づいた、各専門分野がバラバラのこれまでの科学技術のあり方ではなく、「理性」に基づいた、個々の分野がもっと統一された高次元の科学技術のあり方を目ざすものへと止揚してゆかねばならない、と。

とにかく、「便利な物」や「快適な物」とは、ヒトが生物として生きてゆく上ではもちろん、人間として生きてゆく上でも不可欠な物では決してなく、「あれば便利」、「あれば快適」といった程度の物でしかなかったのだ。

ところがその程度の物を手に入れるために、私たちは一体どれだけ自分の人生や家族の人生を犠牲にする生き方をして来てしまったことか。そして、人類の存続可能性すらもどれだけ危ういものとして来てしまったことか。

こうしてみると、一体何のための科学技術の進歩だったのか。人類は、今、何と愚かで、決定的な過ちを犯そうとしていることか、と思い知らされる!

「便利であることがいい」、「快適であることがいい」、言い換えれば「物質的に豊かであることがいい」と拘っていること自体が、実は全てを「元も子もない」状態にしてしまおうとしていることなのである。したがってそれは、一千何百万人を殺した1914年の第一次世界大戦や、七千五百万人を殺した1939年の第二次世界大戦どころではない、72億の地球人類そのものを滅亡させてしまいかねない愚行であり愚かしい価値観なのだ。

 

では、これまでの便利さや快適さを止揚する便利さや快適さとは何か。

これまでの資本主義経済を止揚する経済とは何か、またその経済と調和する科学技術とは何か。

私はそのことをも、後の章で展開してゆこうと思う。

それらも、全て、これまでの23年間の農業生活の中で考え続けて来たものである。